高城剛の感性と生み出される言葉

高城剛は東京都出身のライターで、現在は、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門として、本人もメディアに出たりと、創造産業の分野で活躍しています。
また、ユニークなキャラクターと独特なファッションで、人気を集めています。
才能的にも定評があり、たくさんの映像作品や著書を出していて、旅行本から健康術までジャンルも幅広く興味を引く内容のものが多いです。
また彼の作る作品は、良い意味で異質なものが多く、常識に捕らわれない活動が注目を浴びています。
中でも現在「あたらしい共有」のコラムで見せている、高城剛の撮影した写真は目を引くものがあります。
なにげなく撮られた写真の一枚一枚は、綺麗でいて、郷愁のようなものを感じさせられます。
その写真とともに書かれている文章は、すべて共有がキーワードになっているのですが、当たり前の風景を新しい切り口で新しい見方をして、私達に再発見させてくれています。
読者からの質問に答えるコーナーがあるのですが、そちらもとても興味深く得るものが多いです。
高城剛という人がどんな人物なのか、この質問コーナーの回答を見ていると、少し分かったような気がします。
彼が生み出す言葉は、次は私達にどんな発見をもたらしてくれるのでしょうか。