シェアハウスのオーナーの娘の部屋

シェアハウスのオーナーの娘の部屋は誰も居ない様子でしたが、奥で物音がして、どうやら誰かがシャワーを浴びている様でした。見つかったらどうしようと考えているだけで頭がパニックになってきてしまいました。するとシェアハウスの持ち主の娘は大きくてフワフワした上等のバスタオルを体に巻きつけてシャワーから出てきました。娘はふと、部屋の中に何かの気配を感じて辺りを見回しました。シェアハウスの住人が隠れている白い扉のクローゼットに目をやりました。中からはシェアハウスの住人が頼むから気付かないでくれと言わんばかりに、冷や汗をかきながら扉の隙間から覗いていました。向こうからはシェアハウスの住人は見えるはずがありません。